エクセル線とテンションクランプ(2014.06.04)

DSC00757 以前は、金時豆のネットを張る時などに、通し線に針金などを使用していたが、これも台風等で針金が切れるなど、いろいろ失敗している。
 今年は、針金の代わりに太めのエクセル線を使い、テンションクランプで目一杯引っ張った。
 ※ 「エクセル線」は、パソコンソフトの「Excel」のことではなく、積水樹脂株式会社製の商品名です。
 ※ 類似品に「ディックエスター線」というものもある。
 エクセル線は、ポリエステル樹脂を使用、強度は、従来の鉄線の2倍で、伸度が小さく、伸びや温度変化による、ゆるみも無し。
 針金の約6分の1の軽さで作業性も良く、耐薬品性に優れ、錆などの腐蝕の心配も無し・・・と、良いことづくめ。
 テンションクランプは、単管クランプの一種だが文字通りワイヤー等を巻き取ってテンション(張り)をかけるためのもの。
 この二つの組み合わせで非常に頑丈に仕上がった・・・が、今度はネットの強度が不安になってきた。
 今更なので、とりあえず今年はこれで様子をみる。