セキュリティ ポリシー

セキュリティ対策について 
当園のインターネット関連セキュリティは、以下のような対策を実施しています。
どこでも当たり前にやってるようなことばかりで、まだ不完全かもしれませんが、今後も随時、リスクとコストのバランスを考慮しながら、セキュリティの強化に努めていきたいと考えています。

① サイト(ホームページ)のセキュリティ 
■ 必要に応じて「.htaccess」を設定しています。
■ 試験運用中など公開していないコンテンツには、必要に応じて「BASIC認証」も設定しています。

■ Web全体のデータは、定期的にバックアップを保管しています。
■ Webアクセスログを保管しています。
■ その他、Webサーバーはレンタルで利用しており、レンタル事業者の利用規定等によります。

② クライアントPCのセキュリティ 
■ OSは、定期的に自動アップデートされています。
■ 市販のファイアーウォール、アンチウィルス、スパイウェア駆除対応ソフト等をインストールしています。
■ ウィルス定義ファイルは、定期的に自動更新されています。
■ ハードディスク全体のウィルスチェックを、定期的に(最低でも一ヶ月に一度)行っています。
■ Napster、Winny、KaZaA・・・などのファイル共有ソフトはインストールしていません。

③ ファイルサーバーのセキュリティ 
■ ユーザーごとにアクセス制限を設定しています。
■ 重要なファイルは、暗号化しています。
■ 重要なファイルは、定期的にバックアップを保管しています。
■ 「ハードウェアRAID-1(ミラーリング)」仕様となっており、データを2重に保護しています。
■ 万一の故障時等は「ホットスワップ」機能で迅速に対応します。

④ メールのセキュリティ 
■ 当園のメールサーバーでは、送受信ともウィルスチェックが行われています。
■ メールサーバーとクライアントPCは、それぞれ異なるメーカーのアンチウィルスソフトが組み込まれており、二重にチェックされています。

⑤ 停電時のセキュリティ 
■ バッテリー内臓のノート型パソコンを除き、LAN(ローカル・エリア・ネットワーク)全体を、UPS(無停電電源装置)で保護しています。
■ クライアントPCおよびファイルサーバーは、UPSの作動と連動して安全に自動シャットダウンするよう設定されています。

※ その他のセキュリティ対策
直売所には、防犯対策を目的に、防犯カメラや各種センサーが設置されています。