箱罠遠隔制御システムがほぼ完成 (2020.01.10)

 P1100614 P1100609
 構想していた有害鳥獣駆除システムがほぼ完成した。
 ネットワークカメラやリレー付VOX、ACアダプターなどはウォルボックスにまとめた。
 扉が透明なので中のゴチャゴチャが丸見え!。
 透明にしなきゃ良かったと反省している。
 なお、出ているコードはAC100Vの電源コードとソレノイドへ繋ぐケーブル。

 AC100V電源が取れるところであれば、あとはソレノイドへ繋ぐだけだが、畑のように電源が取れない所のために、ソーラーパネル、チャージコントローラー、バッテリー、インバーターなど太陽光発電システムも準備した。
P1100611 P1100603
 昔の郵便受けのような形の木製の箱には、チャージコントローラーとバッテリー、インバーターが入っているが、大き目の換気口には虫よけだけでなく吹雪に粉雪が侵入しない様、入り口と取付面の2箇所に1mm目のアルミ網を貼ってある。
 屋外用のコンセントを付けており、カメラ等の電源はここから取る。
 (この後準備する「電気止め刺し」の電源もここから取る。)

 設置にあたっては、風で倒れたりしないよう単管を利用した三脚にまとめたが、結構な重量があり安定感・安心感はある。
 そのため設置や移動時は、それぞれ分解して軽くコンパクトにする必要があり、それぞれの機器は直付けではなくコネクタなどで接続してある。(※コネクタは誤接続を避けるため、できるだけ異なる形状の物を使っている)

 と、ここまでに気にくわない箇所も幾つかあるが、後で手直しすることとして、ほぼ完成した・・・ということで次に進みたい。

 次の課題は、捕獲した後の「止め刺し」です。
 止め刺し用のナイフを使ってブスリッ!・・・なんて私には無理ッ!。
 血を見るのは苦手です。
 この際ですから精神的にも負担の少ない「電気止め刺し器」も自作にチャレンジ!