つぶやき・・・(2019.02.16)

 2018年にトウモロコシが食い荒らされる被害があった。
 当園では林檎と西瓜の他に野菜類も栽培しているが、まず犯人を特定する必要があり、トレイルカメラ(写真)を設置して観察を続け、タヌキとキツネ、そしてハクビシンも出入り(出没)していることを確認した。
P2130696
 このままでは被害が拡大していくだろうと予想されるので,有害鳥獣として駆除する必要があると判断し、2019年には罠猟の狩猟免許も取得して駆除の準備をした。
 ヤツがどこから入って、どう通って、どこへ抜けるのかもわかった。
 ヤツが園地のどの辺に出没しているかもわかった。
 ヤツが出没する時間帯も分かった。(午前3時~午前5時頃)
 ここまでわかれば、あとは罠を仕掛けてヤツを捕獲するのみ!
 市役所から捕獲許可証もいただいたので、2020年2月4日、ついに罠を設置する日がきた。
 まだ降雪期なので、時折雪が降ったりして小型箱罠では条件が悪いが、ひとまずスタートした。
 だが、どういうわけか罠を設置した途端、ヤツが一向に現れない。
 年明けごろまでは頻繁に出没していたのに・・・
 家の周りや園地を見回してみたが、ヤツの足跡も見当たらない。
 雪の上に見えるのは、猫とカラスの足跡ぐらい。
 どうしたんだ?
 ほかに餌場でも見つけてそっちに行ったのか?
 付近の道路で、タヌキらしき死骸を見かけることもたまにあるが、道路を横断する時に車にでも轢かれたのか?
 「ヤツの身に何もなければいいが…