スマカメのクラッシュ対策(2020.03.04)

 箱罠の遠隔制御に使用している監視用カメラのスマホアプリ「PLANEXスマカメ」が頻繁にクラッシュする。
 もちろん、メーカーがバージョンアップなどで改善してくれれば良いのだが、それまで待ってもいられない。
 だが、使い込んでいくうちに、経験則でいろいろ対策方法が見えてきたのでメモとしてまとめた。

【利用環境】
 カメラがCS-QS50-LTE(ファームウエア 1.54.0.0)、LTEはマイネオのデータ通信プラン、スマホはDocomo F-03H Android 7.1.1 、スマホアプリはPLANEXスマカメ 1.5.6となっている。

【クラッシュしないための対策】
 まず、「ビデオ品質」を「中」以上にするとほぼ(高い確率で)クラッシュするので、「」にする。
 これだけでクラッシュはほぼ無くなる。
 また、更なる安全パイを求めるなら、毎日1回以上「見守り機能」を解除してからカメラの電源を入れ直すか、アプリ側から「カメラ設定」の「詳細」で「再起動」する。(再起動は3分程度要する・・・待ってると長い!)
 2020.03.04現在、これでクラッシュは無くなり快適に利用している。

【もしクラッシュしたら】
 アンインストールして再度インストールすることになるが、アプリのダウンロードにかなりの時間を要するので、アンインストールしない次の方法で行う。
 まず、アプリアイコンの長押しで「アプリ情報」を開き、「ストレージ」で「データを消去」して初期状態にする。
 (この方が、ダウンロードからやり直すより格段に早い)
 アプリを起動する前にカメラのUIDと、最後に設定したパスワードをコピペで張り付けられるように準備しておく。
 アプリを起動すると初期設定時の画面に戻るので、あとは所定の手順で初期設定を行う。
 ただし、カメラ側は一度設定が完了しているのでカメラにQRコードを読み込ませる作業はスキップして進める。

 以上