管理人の雑記帳

他のカテゴリに属さない記事で、「ブログ」のような「ツイッター」のような・・・
いわば管理人の雑記帳で、ジャンルも問いません。(なんでもアリです。)

「桐」をバージョンアップ(2014.04.10)

直売所で使用しているソフトですが、管理工学研究所の「」をバージョンアップしました。
 最近、STAP細胞で話題となっている「理化学研究所」と紛らわしい名称ですが、正式には「株式会社 管理工学研究所」といい、事業内容はソフトウエアの開発と販売を行っている会社です。
kiri ここの代表的なソフトにリレーショナネデータベース「桐」というソフトがありますが、当果樹園でも直売所でこのソフトを利用して顧客管理システムとして稼働しています。
 用途は主に宅配伝票の打ち込みですが、件数が多いため手書きでやろうもんなら、複写式なので力強く書くため1年もしないうちに腱鞘炎になってしまいます。
 やることは定型業務なので左図のようなメニュー(メニューの中にさらにサブメニューあり)を組み込み、誰でもすぐに操作できるようになっています。
 もちろん、業者へ作成依頼したものではなく「桐」の履歴機能(Microsoft Excelのマクロ機能と同じようなもの?)を活用してメニューを組み立てたものです。 
 MS-DOS時代からのソフトで、既に20年以上使っていますが、日本語コマンドなど非常に使いやすい機能が満載のソフトだと思います。
 この「桐」がバージョンアップされ「桐9s」となり、申込していたところ先日届いたので、先ほどバージョンアップ作業を終えたところです。
 このソフトは、直売所で使用している基幹ソフトなので、バージョンアップは今後も逃さずに対応していかなければならないソフトです。

我が家にもWindowsXPが・・・(2014.04.09)

boropc Windows XPのサポートが今日で終了するという。
 実は我が家にもWindows XPが有ります。
 それも2台も。
 デスクトップ型1台とノート型1台。
 実は、この2台は機種更新のとき、「モッタイナイ」という気持ちと、万が一のバックアップとして保管していたのですが、その後一度も利用しないまま今日に至りました。
 正直、CPUの速度も、内蔵メモリー容量も、内蔵ハードディスク容量も、今では使い物にならない、いわゆる「陳腐化」してしまった機種です。
 欲しい人がいればあげても良いけど、引き取り手がなければ廃棄ということになります。
 ただし、廃棄については皆さんご存知のように、パソコンは、「資源有効利用促進法」により、メーカーによる自主回収・リサイクルが義務付けられており、自治体での処分・回収は行われないためゴミとして出すことが出来なくなっています。
 この2台とも「PCリサイクルマーク」がないので、廃棄の方法によっては新たな出費を生じるかもしれません。
 ん~~む、困った。
 このようなパソコンを無料で回収してくれる業者さんもいるみたいなので、よく調べて処分方法を決めなくては。
 ただし、私の場合、内蔵のハードディスクは抜き取って廃棄します。(ハードディスクは分解して、ドリルで穴をあけるか、金槌でフルボッコしてからゴミとして出します。)

バッテリーあがり(2014.04.08)

DSC00271 今日は、ライムソワーを使って西瓜畑に肥料を散布です。
 で、ライムソワーの手前に置いてある乗用草刈り機を移動しようとイグニッションキーをオン。
 「クンッ・・・・・ 」
 あれ、バッテリーあがりかな・・・
 もう一度キーをオン。
 「クンッ・・・・・ 」
 明らかにバッテリーあがりです。
 バッテリーケーブルを使い、トラクター等と接続して始動する方法もありますが、現場は入りにくく狭い場所なので、今回はバッテリー充電器を取り出し、「セルスタート機能」を使ってキーをオン。
 「ギュルルゥーン!」
 無事、始動しました。
 移動ついでに、引き続き充電モードで充電。

 ところで、数えてみたら我が家には自動車やトラクター、田植え機などバッテリーの数が1・2・3・4・・・・・12。
 なんと全部で12個ありました。
 バッテリーの寿命って何年かわかりませんが、仮に6年だとすれば毎年2台が寿命となる計算に。
 なんとか、ダマしダマし、長く使うようにしてはいますが・・・・・。

G-SHOCK(2014.04.07)

P1030436 今日は堆肥散布などを行いましたが、記事は農作業をちょっと離れた記事で。

 屋外で時間を見るときは、携帯やスマホにも時計表示があるとはいえ、やはり腕時計が一番です。
 農作業に限らず、現場などで作業中に腕時計をぶつけたり固い物に擦ったりすることがありますが、こんな時でもおいそれとは壊れない腕時計がG-SHOCKです。
 ソーラーで、電波時計で、防水でと・・・・・とにかく頑丈です。
 泥で汚れたらガジガシ水洗いすればいいし、気にすることなく無造作に使えます。
 デザインもいろいろあり、好みで選べます。
 私も使っており、使い込んで傷だらけですが、G-SHOCKシリーズは農作業には最適な腕時計だと思います。
 ちなみに、裏蓋には「MADE IN THAILAND」と刻印ありました。


 

改良区の水路清掃(2014.04.06)

DSC00265 毎年、4月の第一日曜日は改良区の地区水路清掃日
 水路の泥上げなどを行うわけですが、昨夜の雪であたりは真っ白。
 積雪は3センチくらいでしょうか、昼には解けてしまいましたが、寒い一日でした。
 この日に雪景色となったのは記憶にありません。


 

データロガー「おんどとり」(2014.04.05)

この時期の天候は不安定です。
 そろそろ自動車の冬用タイヤを夏用タイヤに交換しようと思っていたところ、先ほど、夕方に突然吹雪いてきました。
 まさか積もったりはしないでしょうが・・・タイヤ交換はもうちょっと先になりそうです。

2014-04-05-17-42-46-2 催芽機の点検を終え、結果は異常なし。
 で、早速、浸種に移行です。
 この先は、色んな意味で、温度管理が大切になってきます。
 こんな時、便利なのが携帯やスマホでも温度を確認できるツールです。
 私が使用しているのはT&D社製データロガー「おんどとり」です。
 スマホでの確認も容易で使い勝手も良好。
 グッド!

催芽機の点検(2014.04.04)

DSC00261 稲作の種蒔き日程が4月19日(土)に確定した。
 水稲種まきは、家族総出はもちろん親戚も動員してのイベントとなる。
 種蒔きの日程が決まると、催芽に2~3日程度を要し、その前の浸種に7~10日程度日数を要するので、間もなく始めることとなる。
 が、ここで留意しなければならないのは、催芽温度を30℃以下で固定するわけですが、機械のサーモスタットが故障しているとマズいことになります。
 なので、一年ぶりに催芽機を出して本稼働まえに点検をしておきます。
 清掃後、水を入れて設定し異常がないか。
 ポンプは?、ヒーターは?、サーモスタットは?・・・・・
 温度の推移をみるので結果は、後日。

堆肥が届いた(2014.04.03)

P1030432 「管理者の雑記帳」を初めて今日で3日目、日記で例えるなら「三日坊主」の3日目である。
 この時期は農繁期の始まりで、各作物とも準備段階で一斉に始まるため、果樹農家でもあり西瓜農家でもあり、稲作農家でもある我が家は、例えそれぞれが小規模でも、いろんな作業が目白押しになる。 
 たぶん、この時期は記事のネタはそれなりに確保できると思うが、忙しすぎて写真を撮り忘れたり、夕食後疲れて「バタンキューッ」で失念するかもしれません。

 昨日、剪定枝の片付けが終わりましたが、今日タイミング良く依頼していた酪農家から堆肥が届けられた。
 この堆肥は西瓜畑とリンゴ畑に散布するものです。
 明日の天気予報は「雨」とのことなので、西瓜畑やりんご畑の堆肥・肥料散布は後日を予定。
 水稲種子も届いているので、明日はそっちの準備をやろうかと。