管理人の雑記帳

他のカテゴリに属さない記事で、「ブログ」のような「ツイッター」のような・・・
いわば管理人の雑記帳で、ジャンルも問いません。(なんでもアリです。)

明朝は氷点下まで下がるかも?(2016.05.08)

Screenmemo 2016 05 08 17 51 26 
P5082556 
P5082555
 霜注意報が出ている。
 どの予報を見ても翌朝の最低気温が盛岡で2~3度となっており、滝沢市のこの辺りは盛岡よりさらに2~3度低いので、「もしかして氷点下になるかも・・・」と思ったりしている。
 先日定植した西瓜も霜対策として藁をトンネル上に乗せているが、風で落ちていないかなど確認したが、もう一つ水稲も育苗中で、丁度水位を床土が隠れる深さにするかどうか迷っていたが、保温のため今日の昼前に深くした。
 そして夕方6時頃にはハウスも全閉にしたが、まだ安心できていない。
 温度はスマホでも確認できるが、先ほど直接ハウスに行って温度を確かめてみた。
 ハウス内が9.3度、そして床土の中の種籾の位置が16.3度となっている。(写真)
 今日は日差しがさして暖かかったので、水温と地温が十分温まっており、このまま保温資材等で被覆しなくても良いだろう・・・と思っているのだが、どうにも不安が拭えない。
 よし、今夜はどうせ他にやりたいこともあるので、夜更かしついでにもう少し様子をみてみよう!

湛水とするか否か・・・(2016.05.06)

P5062521 
P5062535 
 湛水(床土の表面が隠れる水位)とする時期がやってきた。
 2葉目が出始めているので、丁度この時期だと思われるが、今日か、明日か、明後日か・・・悩んでいる。
 今だと、表面から1センチも水位をとれない。
 短めの苗だと水没するものも出てくるので、せいぜい5mm程度か。
 とりあえず、今日は湛水にすることを見送った。
 明日かな・・・もしかして、明後日かな・・・
 きりがない。
 話は変わって、昨日作成した育苗記録メジャーに思惑上の誤算があった。
 メジャーが自立することを前提に作ったのだが・・・自立しましぇ~ん!
 アルミ製の薄いアングルを20cm程度の長さで切ったが、長さの割に軽すぎて、ただでさえ不安定な所へ立てようとするものだから、わずかな風でも倒れてしまうのだ。
 長いものは、育苗後半で使用することとして、育苗前半用に、もっと短いものも作る必要がありそうだ。



育苗記録用メジャーを作ってみた(2016.05.05)

P5052499 
P5052505  
 今日も雨。
 でも風が強かったせいか、プール育苗の水位が予想よりも下がっていたので補水した。
 今までは低めの水位にしていたが、もう少しすると水位を床土より上にするので、今回は育苗箱取っ手のへりより下(床土が水没しない範囲)まで若干水位を上げた。
 で、それは具体的に床からどれぐらい?(何ミリくらいか?)と問われても答えにくい。(写真:表面張力でせりあがって見えますが、へりより下です。)
 水位や苗長などを測るときデジカメでスケールを一緒に撮っておけば良いのだが、一人でやるとなると・・・これがなかなか面倒なのだ。
 カメラを三脚で固定して、スケールを当てて、セルフタイマーで撮影・・・なんて、やってられない!。
 手持ち撮影できなければ、結局のところ面倒がって写真を撮らなくなってしまうのがオチなのだ。
 そこで、自立するスケールを作ってみたいと思う。
 そして、スケールをプール床に置いた場合と、覆土の上に置いた場合、床からの寸法や種籾の位置からの寸法など早見できるよう工夫してみたい。
20160505 2 
P5052513 
 そのため、テプラでメジャーシールを作って、適当なものに貼り付けようと印刷してみたら、精度合わせに多少コツが要るものの、仕上げがドンピシャリで出来上がった。(写真)
 ※コツ(適当にメモリと寸法を作ったら一度試し印刷が必要、そして枠の長さを誤差分だけ拡大縮小して均等割り付けする。なお、ファイルに保管してても、テープの巻き取り径が大きい場合と小さい場合なのか、テープ幅の違いかで微妙に変化するので試し印刷は必須。)
 うーむ、これは使えるぜ!。
 明日からの育苗記録に活用できると思う。
 この管理人の雑記帳にも、時々その写真をアップするつもりです。

めまぐるしく変わる天気(2016.05.03)

P5032484 
P5032461 
P5032489
 今日は西瓜の定植を行った。
 風も弱く、多少暑くは感じつつも絶好の西瓜植え日となった。(写真)
 作業は順調に進み、午前で作業を終えたのだが、昼に育苗ハウスを除いてみるとプールの底が見えている。
 決して覆土が乾いているわけでもないので、補水しなくても良いのだろうが、芽が出揃っているので、この先田んぼへ行ったりと留守がちになる見込みで補水した。
 水位のレベルは、まだ床土が水没しない位置で、前回とほぼ同じで箱の高さの半分くらい。
 1.5葉あたりから床土が水没する深さにするが、葉齢が1.5未満以下では適当に補水するだけなのだが、今年はこれにハウスの開閉が加わった。
 太陽シートを除去してからの数日間に寒い日が続き、霜注意報が出るなど寒さ対策に気を使った。
 浅いとはいえ多少水が入っているので大丈夫とは思いつつも、日差しも少なく日中から寒いため、そもそも水温そのものが上がっていない。
 そのため、ハウスを閉めるだけでは不安になり、保温のため夜間に太陽シートをかける・・・ということが数回あった。
 どうもこの時期は極端に寒かったり、暑かったりが交互にくるので難しい。
 芽が出てまだ間もないので、この時期は慣行栽培と同様の管理が必要になってくると思う。
 あと数日で深水にできるので、それまでの辛抱なのだ。
 なお、水温計の感知部を、これまでは水に入れ、箱横の隙間に置いていたが、夕方に感知部を苗箱に差し込み、種籾の位置にした。(写真)
 温度データの傾向が変わるかもしれないが、この方が本来の測り方なのかもしれないので、今後はこの位置に統一する予定です。

早めの太陽シート除去(2016.04.27)

P4272412 
P4272415 
 太陽シートを除去しました。
 播種日が4月24日なので、播種後の天候や過去の実績などから早くても4日目の明日だろうと予想していたが、3日目の今日になって除去しました。
 播種日の翌日から数えて3日目で除去したのは初めてです。
 新記録です。
 例年だと、芽が出揃うのを確認してから除去するため、1cm位の長さになっていましたが、今年は意識してちょっと早めに除去しました。
 出揃っているところで4~7mm位まで伸びています。
 まだ、芽がでていない・・・と思えるところでも、表面からよく観察してみるとピチッと目がのぞいています。
 さらに、芽の見えない覆土の下もホジホジしてみると芽が伸びており、すぐにでも表面に出てくる状態になっています。
 例年だと、揃えようとして、あと1~2日ぐらい待ったと思うが、今年は敢えて「早かったかな・・・」と思える状態で剥がしてみました。