出穂期の草刈はカメムシ類を水田内に追い込むことになるので、畦畔雑草の刈り取りは、出穂10~15日前までに行い、8月は草刈をせずカメムシ防除(殺虫剤散布)を行います。
 JAの指導では、防除の適期は穂揃1週間後で、二回目の追加防除は穂揃2週間後となっていますが、この時期はスイカの直売や果樹作業などと重なり超繁忙期となるため、当園の防除は早め(穂揃期頃)の1回で終わることが多いです。

※穂揃期とは、止葉葉鞘基部から穂先が出た茎が、圃場全体の80~90%程度に達する時期。通常、出穂盛期の2~3日後に穂揃期に達する。
※1回目の防除にアルバリン剤、スタークル剤を使用した場合は残効が2週間見込めるため、2回目の防除は穂揃3週間後に行う。

戻る
159-0
159-0
159-1
159-1
 
 
Powered by Phoca Gallery